読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマブラカスタム組 ブログ

スマブラforWiiU、3DSにおけるカスタマイズ機能の遊びを極める楽しさをお伝えしていく事を主な目的としたブログです。※YouTubeにて時々午後7時半より、実況対戦動画を配信中!~

【DLCキャラクター】第四弾 カムイ、ベヨネッタ

雑記、告知等

2月4日、本作最後のDLCキャラクターとして「カムイ」、「ベヨネッタ」が参戦しました!

そのずば抜けた高性能ぶりから、しばらくガチチーム部屋を荒らしに荒らしていた彼ら。実は長らく本ブログの更新が途絶えたのは、そんな中で自分もしばらくスマブラX時代を思い出し、チーム乱闘に没頭していたからであります。そして案の定、調整された模様。

何を今更、という感じではありますが、これを書いておかなくては次回以降の更新ができないのでレビューをしていきます。(かなり遅れた為、ver 1.1.5適用後のものです。)

 

f:id:ka_me:20160513193036j:plain f:id:ka_me:20160513193101j:plain

■カムイ

撃墜手段:横スマッシュ(先端101%)、上スマッシュ(121%)、下スマッシュ(後ろ先端102%)、B溜め切り時の斬撃(100%)、横B先端(109%)、横B蹴り(132%)、上B(全段命中で140%)、空中上A(約135%)、空中後ろA(140%)、上投げ(151%)、下投げ(158%)

※()内の数字は、トレーニングモードで終点中央のマリオを撃墜できた%蓄積量です。

感想:配信当初は下Bのカウンターの威力がイカレ性能であった事に加えて、操作感覚としても適当に扱っているだけでかなり戦えてしまったと記憶しているのですが、アップデートによって機動力が抑えられ、ルフレに近い鈍重系キャラクターになったようです。

横スマッシュ攻撃のリーチが長く、「剣キャラ」というよりは新たに「槍キャラ」といった感じの使用感。並ぶ目玉として横B”跳槍突”による地面又は対戦相手の突き刺し、そしてそこからの跳び蹴りという特殊な攻撃方法があり、この技だけでフェイントや立ち回り、的確な撃墜等様々な用途があります。

B技と復帰技も撃墜に使える上に、Aボタン攻撃技も各種スマッシュを筆頭に、全体的に良い物が揃っているので、使い慣れていけば堅実な実力を発揮できるでしょう。

戦法:高性能の飛び道具を持っている反動か、自身の移動可能領域は広くないので、一つ一つの行動に誤魔化しが効かない。

接近戦では各種強攻撃を使って丁寧に対応し、なるべく性能の高い空中戦で相手をしたい。もしくは、横Bの突き刺し→蹴りを多用して相手をかく乱しよう。

撃墜に使える攻撃技の数自体は多いが、横スマッシュと下スマッシュは先端でなければ撃墜に必要なパーセントがおよそ30~60%程度も多くなる上、横Bに至っては先端限定でしか飛ばせない。性能の良い空中上A、空中後ろAも自身のジャンプ性能の低さが足を引っ張っていて当て辛いので、狙うなら相手を迎撃するような動き方が必要となる。

おそらく下Bの高性能カウンター”反竜穿”ありきのバランスとなっていると思われるので、これを使いこなせなければ積極的に撃墜を取っていくのは難しいかもしれない。

 

f:id:ka_me:20160513200925j:plain f:id:ka_me:20160513200941j:plain

ベヨネッタ

撃墜手段:横スマッシュ(101%)、上スマッシュ(99%)、下スマッシュ(140%)、空中上A(約170%)、空中後ろA(134%)、空中下A(129%)

感想:おそらく”今作で最もぶっとんだキャラ選”によって追加された存在。リュウクラウドは自分の中ではもうスマブラのキャラクターとして馴染んでいるが、彼女はいまだに異空間臭が拭えない。

ネット対戦で相手していても、何だか物凄くテクニカルな独自的性能に感じて、使用するのは長らく気が引けていたのですが、各種Aボタン攻撃時に長押しする事によって5%(下Aのみ10%)威力の銃撃が放てるのが楽しく、それが意外とハマります。

要となるのは横B、上Bにおけるコンボと、特殊カウンターである下B”ウィッチタイム”、それらによる押し出し撃墜ではあるかと思いますが、そうでなくとも全Aボタン技に付加された銃乱射仕様が魅力的で、いかにいやらしく蓄積ダメージを浴びせていくかが面白いキャラクターであるように思います。

戦法:機動力を活かした接近戦に加えて、遠方からは多彩な銃攻撃ができる為に立ち回りには困らない。中でも地上では横B、空中では上Bを起点としたコンボが強力だろう。

問題は各種スマッシュ攻撃が、見た目と後隙の割には威力は抑えられている事。その為どれだけダメージ蓄積を重ねても、撃墜の面で苦労しそうな点はカムイと同じ。手堅く行くならとことん追いつめての空中上A、又は空中後ろA、もしくはトリッキーな挙動の空中下Aを相手が地上・空中のどちらに居ても当てられるように突き詰めるべきか。

自分は殆ど開拓していないが、下Bヒット後に下スマッシュ→上スマッシュ等の二連撃スマッシュが決まるようなので、カムイ同様こちらも下Bありきのバランスになっていると思われる。配信当初に暴れすぎて、両キャラ共随分と玄人向けの性能になりましたね。

 

f:id:ka_me:20160513204456j:plain f:id:ka_me:20160513204528j:plain

ブログの更新は滞ってしまっていましたが、カスタマイズで遊ぶ事は忘れていません!という事でいつもの画像。

カムイは元々の鈍重さと横スマッシュ攻撃の性能から、防御型カスタムが映えるかと思います。”ハイパーアーマー”というのは「ハイパースマッシュ」と「我慢のスマッシュホールド」の組み合わせにより、アーマー溜めが長い時間使用できるというもの。対して”クイックアーマー”は「クイックスマッシュ」の効果で、短い時間でスマッシュを溜め切れるアーマーとなっており、どちらも使い甲斐があります。

又、高性能の空中上Aを活かす為に、地上ジャンプの高い”ジャンパー型”もオススメ。更に滑り上スマッシュも併せて習得させたかったので、「スケーター」の効果も付けた”ジャンパースケーター”となっております。(画像左)

ベヨネッタクラウドと同じく衣装が二つあり、どの色合いも魅力的なので、彼と同様全八色を使用する為に、八種類のカスタムを用意しました。

彼女の目に付く特徴は大迫力の各種スマッシュ攻撃なので、「ハイパースマッシュ」と「クイックスマッシュ」を組み合わせたスマッシュ特化のパワー型を作成。これでスマッシュの威力を1.3倍としながら、何も付けていない状態よりかは素早く溜め切れます。

空中戦での自由度を増すためにカムイと並んでジャンパー型も作成し、おまけに「ふわりジャンプ」を一つ組み込んだ、空中滞空時間の長い速度型も用意しています。(画像右)

 

f:id:ka_me:20160513210634j:plain

最後の追加キャラクターを迎え、WiiU版のキャラクター選択画面は最終的にこのように。(3DS版はあえて割愛)

縦が五段になった事で、配置が少々変わっています。これなら今まで少々影の薄かったダックハントとロボットも使う気になるかも?

それはさておき、とうとうこれで今作スマブラにおける追加キャラクターの作成、配信が終わってしまったのだなぁ…という感じですね。リュウ以降の4キャラは、それぞれかなり手の込んだ作りとなっていたので、出来る事ならこの流れのままあと2~3キャラくらい来て欲しかった所ですが、致し方ありません。

今後はカスタマイズにおける遊びを堪能していく事で、本作スマブラを味わい尽くしていきたいと思っております。ご無沙汰になっている「キャラ別一例」の方も、また時間を見つけて更新していきますので、今後とも当ブログを宜しくお願い致します。

 

―追加キャラクター達のおかげで、今作の印象が随分と華やかになったように思います。

ところで、まだ予定の段階ではありますが、当ブログで公表してきたカスタマイズの手段とその面白さを、もっと多くの方に直接伝えたいと思い、スマブラの上手い友人達を呼んでわいわいとカスタマイズ戦を楽しむ”ゲーム実況”動画の作成を考えております。

自分達で遊びを深めていけるせっかくのカスタマイズという機能を、このまま埋もれさせるのは勿体ないですし、こちらとしても見て頂く方々にも元気になれるプレイ動画が自然と撮れるはずですから、是非とも実現したいと思っております。夏頃を目安に公表できたら良いなと思っていますので、記憶の片隅にでも置いていて頂ければ幸いです。