スマブラカスタム組 ブログ

スマブラforWiiU、3DSにおけるカスタマイズ機能の遊びを極める楽しさをお伝えしていく事を主な目的としたブログです。※YouTubeにて時々午後7時半より、実況対戦動画を配信中!

週刊少年ジャンプ感想 2015 9/14 発売号+総括

週刊少年ジャンプ2015年42号の感想と、前回感想分から休止していた間の総括感想を述べます。(読んでいない作品もアリ)

f:id:ka_me:20150918001157j:plain

・ものの歩

要領が悪くて何をやっても人よりワンテンポ遅れてしまう為、失敗したりのけものにされてきた少年が、手違いで入った将棋訓練荘にてそこの人達に認め迎えられ、将棋のプロを目指す事になる物語。

少年が欠点だと思っていた部分が実は将棋においては強みであった事が発覚し、才能が垣間見えるシーンの描写は気迫が込められていて、その一点だけでジャンプ漫画の第一話としてなかなか面白かったと言える。登場するキャラクターも多すぎず少なすぎずで、そこそこキャラも立っていると思う。

しかし、盛り上がりの詰め将棋のシーン以外で、全体的にコマとコマの繋がりが若干薄いというか、台詞が”散らばっている”印象を受けた。アニメ映像でも意識しているのか、漫画としては少々読み辛いというか。また、少年を迎え入れる大一番の台詞で「将棋じゃなくてもいい」という台詞があるのだが、ここは普通に「将棋をやってみないか」で良かったのでは?と思った。

ただ、上の難点を差し引いても上々の感触だったので、これからのクオリティの維持、又は上昇を期待して追って行きたい。

暗殺教室

宇宙旅行が楽しそうだった&ロケットに乗っていた人達が良い人達だった。今号については、台詞を切り貼りして過去の記憶を入れ替えるという殺せんせーの手腕に敬礼。しかし、全体的には今の流れは危機感や問題意識が薄くて少々退屈。この漫画の今までで一番面白かった期間は「鷹岡」が出ていた頃だと思っているので、今後そこを超えられるかどうか。

食戟のソーマ

真ボス登場と同時に敵として相対する十傑メンバーがハッキリして、一見盛り上がっている雰囲気だが、正直な感想としてはソーマの「何言ってるかわからない」の通り、少々読者置いてきぼり感があるような。四川料理(だっけ?)を打倒する辺りはジャンプ漫画らしくて良かった。

・僕のヒーローアカデミア

一定のクオリティは保たれていて安心感のある作品だが、どこかの紹介で「この作品はワンピースやナルトを超える気持ちで描いている」という旨のコメントを見た割にはその週その週の盛り上げ方が薄れているように感じる。せっかく魅力あるキャラクター群なので各キャラもっと大胆に動き回って欲しいと思ってしまうし、ステインとのバトルでは生死がかかっていたはずだが、序盤のVS爆豪等の方が気迫があった。とはいえ、前号でステインに同調する者達が登場したので、近いうち始まるであろう連中との派手なドンパチを期待している。

・火ノ丸相撲

部長勝利のくだりは非常に熱かったし、現在の国宝対決も文句の無い出来栄え。水準が高過ぎて感想としては逆に書く事がない。

・ブラッククローバー

ケチを付けようと思えばいくらでも付いてしまう作品である事は否定できないが、自分の中ではその週その週の魅せ方が上手い作品としては「相撲」「ダンス」と並んでこの作品がある。ぶっちゃけ強い主人公がバトルをしてくれているだけで存在意義はあるし、今号で挫折描写の入ったユノはライバルとして良いキャラになった。後はこの作品屈指の(個人的に)名キャラである「スケヒロ」と「フッハ」がメインで出張れば良いと思う。

斉木楠雄のΨ難

毎週面白かったが、今回の新キャラは自分好みではないかな。あと磯兵衛といい下品な単語を使うのはどうかと。

・背すじをピン!と ~鹿高競技ダンス部へようこそ~

地味にセンターカラー枠を獲得していたりするだけあって、題材とするダンスの描写やキャラクターの活き活き感など、現在の連載陣の中でも上位のクオリティを誇る作品であると思う。特に二年コンビはシャキシャキしてきた(?)。現在はわたりちゃんを通して人の心の弱い部分やコンプレックスの克服に焦点を当てているようなので、読み応えがある。

ニセコイ

「入れてくれない、どうする?」→”外から叫ぶ”のくだりは熱かった。今回ではまさかのバトル展開になったが、なかなかどうして結構上手い。ただ、蹴りのシーンで下半身が伸びすぎているコマが一カ所あった。

・BLEACH

ネットでやたらと目にする「マユリ様有能」の意味が、ここ数週の内容でようやく理解できた。これは負ける気がしないわけである。今号では「レディジャスティス」よりもよっぽどレディがジャスティスしていた。

・ベストブルー

第一話時点では確かに良作以上のラインにあったはずなのだが、キャラの増やし方や個性の描き分けにまったくセンスを感じられず、これはあかん。キルコさんの時のメイン四人は特徴的な外見で良かったのに、あのキャッチーなキャラクター造形術はどこへ行ってしまったのか。せっかく絵は上手いし、ヒット作を生み出せる力量のある作者さんだと思うのだが、正直この作品についてはもう飛ばし読みしてしまうかもしれない。

こちら葛飾区亀有公園前派出所

なんだかんだ毎週ちゃんと読めた。今号は珍しく両さんが弱気で面白かった。

・カガミガミ

VS烏丸さん辺りからは普通に面白い漫画になったが、今更良作のラインになった所で読者がどれだけ付いてくるかというと、正直厳しいのではないだろうか。自分としては今号のマコさんがエンブレムを暗がりで組み立てているコマだけで、何時間も眺めていられそうだが。

・デビリーマン

打ち切り漫画の中でも会心の最終回は必見。それを差し引いても、和とデビリーマンのキャラクター造形は現連載作品の中でもピカイチであったし、一貫して作者さんの「これが描きたい」という確立した雰囲気を感じられ、好感の持てる作品であったと思う。次はもっと練りに練った知能戦や、今作以上に人の闇の部分にズカズカと入り込むような作品を引っ提げてきて欲しいと思います。お疲れ様でした。

・レディジャスティス

それまでの流れを完全にぶった切って最終回だけで話が完結する、まるで紙芝居かのような最終回は必見。途中からはもう読んでいて恥ずかしく、天利のデザインと三話目(コスチュームのデザインを描いてもらう話)だけは良かった漫画。作者コメントでは「必ず戻って来ます」と書き残していたが、正直このままでは戻って来て欲しくないかなぁ。本当に描きたいものをしっかりと構想立てた上、もう少し女体の描き方にこだわりを見せて欲しいと思いました。しかし記憶に残る作品にはなったので、次回があるなら懐かしみながら応援したいです。お疲れ様でした。

磯部磯兵衛物語 ~浮世はつらいよ~

可もなく不可もなくというラインだったが、今号の「良い人になった」というオチは笑えた。次回からはまた一話完結になるだろうから、この作品はそちらの形式の方が良い。

金未来杯

史上初の七作品掲載だったようですが、連載になったとして続いていけるだけのキャラクター造形や作品の空気感が確立されていたのは、最初の発明少女のやつだけだったかなー、と思います。その他では、バトル描写をちゃんと描いてくれるのならば、ジャンプ作品としては「龍刃伝ガガ丸」が一番相応しいと思いました。

 

―以前に「もうすぐジャンプ全体の水準が上がるので、今は大きく屈んでいる時だ」という旨の総括を書いたと思いますが、「レディジャスティス」「デビリーマン」が打ち切られて「ものの歩」が連載開始され、更に来週の新連載も絵を見る限りでは作家性を感じられるので、パッと見で「これは打ち切り漫画だな」と思う作品は一つも無い布陣になったのではないでしょうか。

ただ、少々読者目線ではないというか、置いてけぼり感のある作品も数点見受けられるのが惜しいですが、全体として今後更なる読み応えを期待したいところです。