読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマブラカスタム組 ブログ

スマブラforWiiU、3DSにおけるカスタマイズ機能の遊びを極める楽しさをお伝えしていく事を主な目的としたブログです。※YouTubeにて時々午後7時半より、実況対戦動画を配信中!~

【キャラ別一例】ピーチ

f:id:ka_me:20150808215244j:plain

マリオファミリー永久のヒロインであるピーチ姫は、唯一無二の”空中浮遊”に加えて、野菜投げやキノピオガードを活かした特殊性に色濃いカスタマイズが得意そうだが、撃墜力に特化した性能の突進技「飛び立つピーチボンバー」を持つ為、元々優秀な空中前A攻撃も合わせて空中で相手を撃墜していくパワー型カスタムが最も魅力的。その他では「反撃で相手を眠らせるキノピオスリープ」、「威力と重量が大幅に増した重い野菜ひっこ抜き」が強力なので、それらを有効に使えるカスタムにすると良いだろう。

 

カスタマイズ乱闘における特徴&印象

・何と言っても空中浮遊、そして空中前A攻撃を活かしたパワー型カスタムが熱い。

・撃墜力の面で優秀な「飛び立つピーチボンバー」が際立つ。

・軌道がほぼ真横・真下と対照的な「ふわふわ野菜ひっこ抜き」「重い野菜ひっこ抜き」を持ち、どちらを採用するかで装備の方向性を決められる。

・横・上スマッシュの性能も捨てがたく、反撃技でありながら相手を眠らせる「キノピオスリープ」もあるので、やろうと思えば結構何でもできるカスタマイズ性。

・上で挙げた以外の必殺技には、少々使用価値の低い物もある(特に「キノピオアタック」、「フラワーボンバー」はネタ技)。

 

カスタマイズの一例

f:id:ka_me:20150808215229j:plain f:id:ka_me:20150808223541j:plain

・”空中攻撃特化型記事”で挙げているカスタムを変形し、特殊効果を入れ替え+追加したパワー型カスタム。(画像左)

「空中攻撃アップ」を抜いて”ほかほか補正”による撃墜力増強の目的で「代償いろいろアップ」に替え、更に筆者の環境で性能の良かった「ミス後無敵のばしのキノピオ」を採用している。その為”パワー型でありながら操作性能が良く、ミス後の無敵も長い”という特別待遇で、お姫様補正という事にしている(?)。

・防御型では、性能の良いドレスで丁度「ピンチでいろいろアップ」、「ピンチで攻撃アップ」があった為、100%以上で底力を発揮する形式とした。(画像右)

基本的には”我慢のスマッシュホールド型記事”で紹介している仕組みだが、アーマー効果のスマッシュ攻撃で被ダメージを稼ぐ事はできないので、普通に戦いながら100%以上の状態になる必要があり、各種必殺技を上手く使って相手の大技を喰わないように立ち回る。場合によっては「キノピオスリープ」からホームランを狙っても良い。防御型で「ホームランバット」を採用するのは筆者としては異例で、これまた特別待遇。

f:id:ka_me:20150809004136j:plain f:id:ka_me:20150809004227j:plain

・スピードタイプでは、地上・空中の機動力に加えて跳躍力も高めた、純粋に素早さを底上げした組み合わせにした。(画像左)

ほぼ鉄則である「代償速度アップ」がドレスの装備しか無かったので、数値の上では防御型と表示されてしまっているが、操作感覚は極めて俊敏で”正統なスピード型”である。「地上ジャンプ強化」を採用しているので”ジャンパー型”としての側面も持ち、地上では素早いダッシュと滑りで接近できながら、跳べばかなり上空で浮遊する事が可能。手助けとなるアイテム持ち込みや攻撃補正効果は無いので、勝つ為にはあらゆる要素を扱いこなし、主に滑り上スマッシュや空中前A攻撃で撃墜を取っていく必要がある。

・筆者の環境で性能の良い「5秒前ボーナスのパンプス」を使いたかったので、バランス型の代わりに作成したのが、隣の画像のカスタム。(画像右)

必殺ワザの組み合わせ的にはバランス型のセオリーを踏みつつ、装備は「5秒前ボーナス」を活かすための組み合わせにしてある。残り5秒になる少し手前に自滅し、ミス後の点滅状態のまま撃墜を狙う目的である(本来なら「無傷で攻撃&速度アップ」の方が良いが、普段あまり出番の無い「無傷で速度アップ」をあえて採用している)。通常時は「飛び立つピーチボンバー」による撃墜を軸に、”速度攻撃型”のステータスを活かして軽快な操作感覚で戦える。

f:id:ka_me:20150809010559j:plain f:id:ka_me:20150809010623j:plain

・こちらは性能の良い数値の装備で組む事が出来た「無敵型」カスタム。(画像左)

”攻撃防御型”のステータスの上、持ち前の空中浮遊も駆使すれば、そう易々と何度も撃墜されてしまう事は無い。必殺ワザに「キノピオアタック」と「飛び立つピーチボンバー」を採用しているのはパワー型と同じだが、下必殺が「重い野菜ひっこ抜き」ではなく「ふわふわ野菜ひっこ抜き」である為、マイナス速度数値も相まって使用感覚は大分異なる。

・隣の画像は、スマッシュ攻撃でガンガン叩くカスタムも作る目的で、「ハイパースマッシュ」を採用しながら攻撃数値を高めたシンプルな形式。(画像右)

必殺ワザは動きやすさを重視した組み合わせにしているが、基本的には封印で、ひたすら横スマッシュ(当たる場合は上スマッシュ)を振っていく。このように「ハイパースマッシュ」+高い攻撃数値のカスタムは、枠が余っている時にとりあえず作っておけば、意外と活躍させられるのでオススメである。画像では「撃墜回復」を入れているが、この紙耐久では回復効果などあって無いようなものなので、”撃墜したら音が鳴って、自分のダメージが15%回復する”という演出効果を付ける事自体が狙いである。

 

―ここで紹介した以外では、あらゆる速度補正効果を駆使しながら速度数値も高めて、勝率は抜きにして”空中浮遊でひたすらビュンビュン動ける”カスタムを用意しても面白いかと思われます。

必殺ワザの中には優秀な物を備えている反面、あまり実戦的な使い道の無いネタ技も半々であるのが難点ですが、その分工夫したカスタマイズ性が冴えるでしょう。