スマブラカスタム組 ブログ

スマブラforWiiU、3DSにおけるカスタマイズ機能の遊びを極める楽しさをお伝えしていく事を主な目的としたブログです。※YouTubeにて時々午後7時半より、実況対戦動画を配信中!

週刊少年ジャンプ感想 2015 6/1 発売号

週刊少年ジャンプの簡単な毎週感想を載せていきます。

掲載されている中で、長期連載の作品については一部を除いて読んでいないので、比較的近年に連載が開始されたものを中心に自分が読んでいる作品についてだけです。

 

・ブラッククローバー

まず掲載順位に驚きだが、しっかりとそれに応えた内容。

戦闘狂の先輩「ラック」の過去話がもう少しだけ続いた後、亡き母の為に一人がむしゃらに勝利を求め続ける事をやめ、チームプレイで煙魔法の穴を突き、奈落のロータス相手に強力な一太刀を浴びせる。一方、金色の夜明け側のバトルでは、ユノが全力の複合魔法で相対するも、まるで歯が立たなかった様子。

さすがに多少つたない部分はあるかもしれないが、作者独自の作風+雰囲気と、王道バトル物としての形式が上手い事マッチしており、今までで満点に近く面白い回だったと言える。最後に敵(まだ名前不詳)が出した異形の大剣魔法もかなりの迫力で、次回以降の展開が待ち遠しい。

・デビリーマン

女性を脅して人々からお金を巻き上げる、インチキ神父を華麗に成敗。

大まかな感想は前回抱いたものとほぼ同じで(全体的に作者の人の良さを感じる)、「マドギワー」がまるで水戸黄門の印籠の様に起用されている点が個人的にはツボ。又、やっている事自体は割としっかり”子供の企み”っぽい所も良い。

読み切り時点からなんとなくそれっぽさは感じていたが、やはり作者さんは”デスノート”の漫画に大きく影響を受けている事も判明し、個人的には現在の掲載作の中では最も大化けする可能性のある作品なのではないかな、と思っている。

暗殺教室

最終章、開幕。

・火ノ丸相撲

前回に続き、今回はライバル校である石神高校相撲部の試合が丁寧に描かれた。

掲載順位が大きく上がっており、今の時代でもこのような”熱い作品”がしっかりと評価されている事に安心する。満を持して再登場した「三日月宗近」の面構えと試合を見られる寸前で終わってしまい、読後感は少々物足りなかったが、見開きには正直かなり驚いた。

・背すじをピン!と ~鹿高競技ダンス部へようこそ~

ほんわか青春路線の様相を呈していた前回、前々回から一転して、今回は競技ダンス部の「体育会系文化部」的な側面を取り上げた、かなりハードな部活動練習回。

登場する人物や内容に沿って雰囲気がガラリと変わったり、ほのぼの描写から迫力やスピード感に溢れた描写もそつなくこなせるあたり、作者さんの地力の高さが伺えた。描こうと思えば結構なんでも描ける作者さんなのでは?と思ったのだが、あえてダンス部を題材に選んでいる所には、何かそれなりの理由があるのだろう。

食戟のソーマ

前回に引き続き、なんだかとても面白そうな雰囲気を醸し出していた回。中華一番。

・僕のヒーローアカデミア

表彰の後、主要キャラクターそれぞれの軽い日常回が描かれた。

前回気になっていた轟の決断とは、彼が全力を持ってトップヒーローを目指す前に、母と目一杯話をするべき事だったという点が、今回におけるひとまずの見所か。

斉木楠雄のΨ難

以前照橋さんに勝負を挑んだものの、勝負にすらもなっていなかった学校二の美少女「梨歩田 依舞(りふたいむ)」が再び登場。

照橋さんが斉木に恋している事を知り、彼女を上回る事だけを目的に斉木を誘惑しようとするが、ただ一人自分を認めてくれた(嘘)彼に本気で惚れてしまった様子。えっ?これは何の少女漫画ですか?

ニセコイ

無人島に居たはずの前回から打って変わって、今回は大勢で初詣。

りんご飴がおいしそうだったのと、千棘に好きな人と上手くいっているかと尋ねられた小野寺さんが回りながら飛んでいくコマで、声に出して笑えたのが高評価。

・スピンオフ漫画大集合!!(出張掲載)

ニセコイ」「黒子のバスケ」「食戟のソーマ」「ハイキュー」のスピンオフ作品が、”ジャンプ+”から出張掲載。臨時お色気枠として「ニセコイ」の「マジカルパティシエ小咲ちゃん!!」だけが大きく取り扱われている印象で、他は少々おざなり。

この「小咲ちゃん」を描いている人の作品で「エスプリト」という漫画を中古全八巻セットで買った事がある(主人公含み登場キャラの大半が女の子の”海上冒険ファンタジー”で、話の大半は忘れてしまったがそこそこ面白かった記憶)のだが、随分と女キャラクターの作画が上達し、活き活きとした絵を描くようになったのだなぁ、という事を述べたかった。おそらく子供の時に見ていたら、大喜びしていただろう。

・レディジャスティス

今号で最もそのクオリティに感銘を受けたのが、本作。

これまで良い所無しだった一応の主人公である「丸藤円太」が、毎回の様に服が破れてしまう剣崎さんの為に、春休みを使ってコスチュームを作成した事を”一世一代の大活躍”として紹介する回なのだが、安直なエロ路線に向かったと思われた前回から一転してちゃんとラブコメになっている上、今回に限ってはお色気シーンの挟み方にも不自然な感じが無い。更に、細心の注意を払って描かれたのか、身体のバランスが大きく崩れて見えるコマも特に見受けられない。(しゃがみ込んだシーンで少々頭が大きすぎるくらいだろうか)

台詞がカタコトで説明がちなのは作風として受け入れられるようになったし、一話目で感じた絶望的なまでの”無機質感”は、最早ほとんど拭い去っている。又、天利がコスチュームのデザイン画として提出した絵が完全に”幼稚園生”が描くそれで、「汚れがなさ過ぎる」と形容したコマにはかなり笑わせてもらった。

正直、第三話時点でこれほどまでに初回の低評価を覆し、クオリティを高めた漫画は、自分が読んでいた今までには一切無かったものである。一、二話はまだ勝手が掴めていなかっただけで、エロ、ギャグ、多少のバトルと、割となんでもやれる下地と力量のある作品(作者さん)なのでは?という、非常に大きな期待を持てた。

・カガミガミ

新たな若い女性キャラクターが二人投入。その為マコさんが少々おざなりに描かれていたような。全体的にはサクサクッとした読後感で、次回大ボス戦開始、といった内容。

こちら葛飾区亀有公園前派出所

雑学好きの「雑 学(ざつまなぶ)」が両さんサバゲーに参加し、途中でホンマモンの篭城事件が起きているビルに間違えて単身突撃し、パジャマ姿とナスの気迫で無双。

カガミガミと並んでサクサクとした読み心地で、何故かこちらでも新米女性キャラが二人用意され、無駄に華があった。

・ウルトラバトルサテライト

ムエタイ戦士「ポー」の強敵描写と、ももっちの太もも魅力が大きく光った回。勿論格闘漫画としてもよく出来ており、低位置掲載ながら紙面の格をまったく下げていない。

・BLEACH

概ね前回と同じ感想。「夜一さんの弟…」「よく似た弟…」のコマは爆笑。

磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~

磯兵衛が寝癖を直して貰いたく、発明家の「平賀源内」の家を訪れ、エレキテル知識を用いて作られた”ネグセナオッテル”を使って格ゲーコマンドの要領で何度も髪型の復元を試みた結果、裏コマンドが発生して仏になってしまった話。

「前回までのあらすじ」で書かれている”ストⅡ”のくだりが前フリになっており、絵面で笑わせてくるギャグがツボの自分には大ヒットした回。巻末固定のギャグである「磯兵衛」でしっかりと笑えると、全体が引き締まって感じる。

 

―主観的な感想も含んでいるので、見て下さった方の好きな作品について快くない意見が書いてある場合もございます。

今号は「大ボス戦」もしくは「大イベント前」という作品が目立った印象の他、意外な作品で局所的なギャグが(個人的に)冴えた事、同じく一部の作品における女性キャラクターの華やかな魅力が発揮された事が、特筆すべき点として挙げられる。

また、最初から最後まで一貫して平均的に面白く、自分が読んでいない作品(ワンピース、ナルト外伝、銀魂、トリコ、ハイキュー、ワールドトリガー)を除いて、多少掲載順がシャッフルされていたとしても、何ら違和感の無い脅威の布陣であったと思います。

個人的には、2010年代における”新時代ジャンプ黄金期”は、もう目前に差し掛かっているか、既に到来していると言ってしまって良いでしょう。

SP:Handyコミック(PB不可)