スマブラカスタム組 ブログ

スマブラforWiiU、3DSにおけるカスタマイズ機能の遊びを極める楽しさをお伝えしていく事を主な目的としたブログです。※YouTubeにて時々午後7時半より、実況対戦動画を配信中!~

アイテム型カスタム 3つ持ち込み系いろいろ

アイテム型カスタムとして最後に紹介するのは、特殊効果枠の3つを全て「アイテム持ち込み」系の効果で埋め、開幕時も含めて3つまでアイテムを持って登場するキャラクターで戦いに挑むカスタマイズの一例。

持ち込める9つのアイテムの中で強力なものだけを採用したり、ステータス性能や持ち込む順番も考慮して組み込めば、実戦にも充分耐え得るようになるが、どちらかと言えば気分転換の目的として使われる”ネタカスタム枠”の色濃い立場となる。

(※無数の組み合わせと考え方が存在すると思われる為、適役なキャラクターと必殺ワザの組み立て方については省かせて頂きます。)

 

真剣勝負路線

f:id:ka_me:20150524231048j:plain f:id:ka_me:20150524231130j:plain

・「スターロッド」+「スーパースコープ」+「ホームランバット」

優秀な3種類のアイテムだけを使用した、極めてネタ要素の少ない組み合わせ。

中距離飛び道具を兼ねたスターロッド、強力な溜め撃ちを有するスーパースコープ、投げ当てが強く逆転性も高いホームランバットの順番で持ち込み、勝利を目指す。

(※異なる”アイテム持ち”系の特殊効果を複数付けた場合、上から順に持って登場するので、持ち込む順番を決める楽しさが本カスタムを作成する上での醍醐味となる。)

・「スーパースコープ」+「ビームソード」+「ボムへい

上に劣らぬ戦闘力を有する、もう一つのスタンダード的組み合わせ。

スーパースコープを採用している事は共通だが、開幕から持っている事でより思い切った散弾ができる。2ストック目ではビームソードを出来るだけ長く活かして戦い、3ストック目にボムへいを投げた後は、実力で戦っていく事になる。こちらはステータスの調整次第で実用性も大きく跳ね上がるだろう。

 

種類別路線

f:id:ka_me:20150524233353j:plain f:id:ka_me:20150524232935j:plain

・「スターロッド」+「ビームソード」+「ホームランバット」

持ち込めるアイテム群の中で”打撃系アイテム”だけを使用した組み合わせ。

それぞれの性能も抜群で、充分に勝ちも狙っていける組み合わせだ。ダメージ蓄積の効率を考えて、スターロッドを先頭としているが、後の二つは好みで順番を入れ替えても良いだろう。(※持ち込める打撃アイテムには残りに「リップステッキ」があるが、こちらを入れるとなると、実戦性能がガクッと下がってしまう。)

・「ファイアフラワー」+「スーパースコープ」+「レイガン」

上とは対を成す、持ち込める”射撃アイテム”だけで固めた形式。

スターロッドとリップステッキは除くと考えれば、こちらは他に候補となる持ち込みアイテムも存在しない。1ストック目ではファイアフラワーを片手に体術も交えて立ち回り、頃合いを見計らって2ストック目に切り替え、スーパースコープの溜め撃ちで撃墜を狙っていく。3ストック目はレイガンの遠距離射撃を適度に活かしつつ、撃墜数が足りない場合は己の技で実力勝負だ。

 

変則型路線

f:id:ka_me:20150524235254j:plain f:id:ka_me:20150524235314j:plain

・「リップステッキ」+「スーパースコープ」+「どせいさん

勝つ事はひとまず置いておき、「ただ遊ぶ」事を目的とした”ネタカスタム枠”としての位置付けが強い組み合わせ。

リップステッキを先頭にする事で、それっぽい雰囲気が一段と湧く。二つ目に散弾と溜め撃ちを使い分ける楽しさのあるスーパースコープを挟みつつ、3ストック目では完全に”ネタアイテム”であるどせいさんを持って登場する。画像では一応ステータスのバランスも図って組み立てているので、そこまで弱いわけではない。

・「レイガン」+「スターロッド」+「ビームソード」

防御型のステータスとして鈍重にし、それらを補うアイテム群で組んだパターン。

こちらは普通に防御型カスタムとしても機能する為、粘り強く戦う事が可能。最後のビームソードを持って復活してきた段階になり、その一本でどこまで粘れるかという所が肝になる。撃墜数で圧倒するよりも、自分が倒されない事で、あわよくば勝利を狙う形式だ。

f:id:ka_me:20150525001009j:plain f:id:ka_me:20150525001304j:plain

・「ホームランバット」+「ボムへい」+「ホームランバット」

速度型のステータスとしつつ、ホームランバットを投げて使う目的で二つ用いた形式。

とことんトリッキーなタイプとして作成したので、戦法としては速さを活かしてステージ上を駆け巡り、バースト圏内の相手にホームランバットをぶつけて撃墜していくスタイルになるだろう。二つ目にボムへいを挟んでいるのは、アクセントのため。

・「ボムへい」×2+「スターロッド」

一発撃墜を狙えるボムへいを二つ採用した形式。

上のむらびとのステータスと比較すると攻撃数値にも多少振っている為、2ストック目まではボムへいを投げつけてから通常通り戦っていける。3ストック目ではスターロッドの中距離弾をしぶとく使いつつ、実力で喰らいついていく。

 

三積み路線

f:id:ka_me:20150525003017j:plain f:id:ka_me:20150525003121j:plain

・「ビームソード」×3

ビームソードを3積みした形式。

アイテムとして、ビームソード自体が性能と面白さの両面で優秀な為、特にオススメとなる。出来るだけ長くステージに居座るために防御に振りつつ、攻撃数値もそこまで落とさないステータスにすると良いだろう。

・「ホームランバット」×3

ホームランバットを3積みした形式。

筆者の中でホームランバット持ちを採用するのは、「切り札もう一回」の速度型か、「アイテム投げアップ」の攻撃型を主に想定しているので、あえて防御型のステータスで組み立てている。正直言ってホームランバットは持っているだけでも多大な影響を及ぼすので、通常の防御型として普通に立ち回った方が安定する。勿論隙があれば投げ付けたり、ホームランを狙うのもアリだ。

f:id:ka_me:20150525004533j:plain f:id:ka_me:20150525004605j:plain

・「どせいさん」×3

どせいさんを3積みした形式。

最早何も説明する事はないが、真のネス(MOTHER2)好きならこのカスタムで勝つべき(?)。

・「ファイアフラワー」×3

ファイアフラワーを3積みした形式。

実用性はさておき、ファイアフラワー自体は結構面白いアイテムなので、意外とステータス調整次第ではそこそこ戦えつつ、操作していて楽しいカスタムになるかもしれない。

 

攻撃型路線

f:id:ka_me:20150525001028j:plain f:id:ka_me:20150525001117j:plain

・「レイガン」+「スーパースコープ」+「ボムへい

・「ファイアフラワー」+「ホームランバット」+「レイガン」

過酷なカスタム乱闘でも他に劣らぬ活躍を目指すならば、出来るだけ”上昇数値の大きい攻撃装備”に付いたアイテム持ち込み効果で固めるのが最善だろう。

上記までで紹介した組み合わせとは差別化を図りつつ、筆者の環境で用意できたのは、この二通りである。どちらもアイテム使用又はキャラクターの戦闘力だけに傾倒せず、バランス良く戦っていく事が必要とされる仕組みになっている。勿論これは可能性を提示しただけに過ぎないので、他にも様々な組み合わせが考えられるだろう。

 

―「アイテム持ち込み」系の効果だけで組み立てる、アイテム使用を補正する特殊効果を抜きにして成り立つ”アイテム3つ型カスタム”の基本形を一通りご紹介致しました。

冒頭で述べた通り、気楽に使用して乱闘を遊ぶのに適した役割と言えますが、突き詰め方次第では一線級のカスタムに仕上げられる可能性もありながら、極端にネタ方向に突っ走った組み合わせにする事もでき、シンプルながら幅の広いカスタム性を有しています。