読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマブラカスタム組 ブログ

スマブラforWiiU、3DSにおけるカスタマイズ機能の遊びを極める楽しさをお伝えしていく事を主な目的としたブログです。※YouTubeにて時々午後7時半より、実況対戦動画を配信中!~

速度型ネタカスタム スピードキング、ここに在り!

ただひたすらに速さだけを追い求め、キャラクターの速度限界に挑戦するそのような”ネタカスタム中のネタカスタム”とも言えるカスタマイズの方法をご紹介する。

どんなに鈍足のキャラクターで作成しても、卓越した跳躍力と、一線級の横移動スピードに押し上げてしまうが、このゲームにおけるスピード感の極限に挑むならば、元々の地上ダッシュ速度や、空中含め機敏性に優れたキャラクター群で組み立てると良いだろう。

 

地上空中共に動作が機敏なキャラクター

 マリオ、クッパヨッシードンキーコングディディーコング、シーク、トゥーンリンクゼロスーツサムス、パルテナ、マルス、フォックス、ピカチュウゲッコウガキャプテンファルコンWiiFitトレーナー、ルキナ、ソニック 等

☆上記以外でダッシュ速度が上位のキャラクター(速い順)

 リトルマック、リザードンメタナイト、ピット・ブラックピット(同着)、ロゼッタ&チコ、ダックハント、ロボット、Mr.ゲーム&ウォッチ

 

f:id:ka_me:20150518011256j:plain

カスタマイズの方法

「代償速度アップ」or「スケーター」or「空中横速度アップ」+「たべると速度アップ」or「ピンチでいろいろアップ」+「ピンチで速度アップ」

単体で通常時の移動速度を大きく上げる「代償速度アップ」「スケーター」「空中横速度アップ」のどれか一つをキャラクターに応じて選択の上、残りに”特定の状況下で速度が上昇する”特殊効果を採用する事によって、最速スピードと最高移動範囲の発揮が狙えるキャラクターが完成する(勿論全て速度装備で揃える事)。

※筆者の裁量では上記の組み合わせがベストだと思われるが、参考までに「移動速度を上昇させる全特殊効果」の単体における上昇倍率を、それぞれ記載しておく。

・スケーター(歩行・走行速度)1.5倍

・空中横速度アップ(空中での横移動速度)1.25倍

代償速度アップ(地上速度・空中横移動・ジャンプ)1.3・1.2・1.18倍

・代償いろいろアップ(同上・〃・〃)1.28・1.18・1.15倍

ピンチで速度アップ(〃・〃・〃)1.55・1.35・1.28倍

・ピンチでいろいろアップ(〃・〃・〃)1.4・1.25・1.2倍

たべると速度アップ(〃・〃・〃)1.38・1.3・1.21倍

・たべるといろいろアップ(〃・〃・〃)1.3・1.2・1.15倍

(・切りふだパワー(〃・〃・〃)1.3・1.25・1.2倍

・無傷で速度アップ(〃・〃・〃)1.32・1.3・1.2倍

・無傷で攻撃&速度アップ(〃・〃・〃)1.26・1.2・1.18倍

(・走行速度アップ(走行速度)1.3倍 ・歩行速度アップ(歩行速度)1.3倍

f:id:ka_me:20150518015327j:plain f:id:ka_me:20150518015346j:plain

※上で取り上げた画像の、最善を尽くして組み立てたヨッシーが、特定の条件下で一体どれほどの移動範囲を持つようになるのか、「75m」ステージで検証した結果を報告する。

検測の手段としては、”左下の足場(画像左)から画面右に向かってジャンプし、空中ジャンプを用いずにどの足場まで移動できるか”というもの。速度数値119に「代償速度アップ」のみが発動している通常時の場合、中央右から三つ目の足場(画像右)に着地。

f:id:ka_me:20150518020646j:plain f:id:ka_me:20150518020721j:plain

そこに100%以上で発動する「ピンチで速度アップ」の効果が加わると、ジャンプ力が一気に増し、画面上部のドンキーコングがいる足場に着地するように。(画像左)

更に食べ物アイテムをとって15秒間発動する「たべると速度アップ」も合わせてフル稼働される事で、なんと全ての足場を軽々と飛び越え、画面右端へと消えていくほどの跳躍力と化した。(画像右)

二段ジャンプ抜きでこの移動距離である上、「ピンチで速度アップ」「たべると速度アップ」がどちらか単体で発動した場合の上昇倍率も異なるので、正直な所まともに操れたものではない。まるで”バグ”かのような移動性能を見て、笑うだけに留めるのが妥当か。

 

f:id:ka_me:20150518021716j:plain f:id:ka_me:20150518021644j:plain

※こちらは「ピンチで速度アップ」と「たべると速度アップ」の片方だけを採用して条件を緩和しつつ、地上空中のどちらか一方に絞って移動速度を強化した形式。

剣先攻撃が魅力のマルスは、空中横移動を極限まで強化する事で、よりスリリングな性能となる。食べ物アイテムを取れた場合は、更に15秒間加速する仕組みだ。(画像左)

地上ダッシュ速度が全キャラ中三番目で、空中での移動を必要としないリトルマックは、「スケーター」と「走行速度アップ」の同時採用が見込める。「ピンチで速度アップ」は「たべると速度アップ」に比べて地上ダッシュの加速度が大きい事も見所。(画像右)

(※尚、両者とも”いずれかの特殊効果を攻撃装備が付いたもの”に組み代えれば、ステータスのバランスが取れて実戦にも投入できる性能になる。)

f:id:ka_me:20150518194828j:plain f:id:ka_me:20150518194858j:plain

※その他、ある程度実用性を考えた上で組み合わせた例。

特異な存在として、シュルクはB必殺技のモナドアーツ「跳」「疾」の使い分けによって、状況に応じて操作感覚を好きな方向へ尖らせる事ができる。上の画像のシュルクは「ピンチでいろいろアップ」と「ピンチで速度アップ」を合わせて組み、ダメージ100%以上になると20秒間大幅に移動速度が足される他、扱う上でも自由度が高い。(画像左)

キャプテンファルコンはダッシュ速度二位に加えて、空中でも優秀な攻撃技が多い為、発動に条件の無い特殊効果の組み合わせだけで操作速度を底上げするのに向いている。画像では「スケーター」より倍率の低い「走行速度アップ」を採用しているが、これは滑り効果が付着する事によって、滑り上スマッシュに固執しないようにするため。(画像右)

 

必殺ワザ

ネタカスタム中のネタカスタムであるので、勝つ為の手段を差し置いて、ただひたすら”爽快感や面白さ”を追求した組み合わせにしよう。

そもそも速度数値や速度上昇効果は、各種必殺技の使い勝手には反映されないので、軽視してしまっても構わない。

 

f:id:ka_me:20150518201116j:plain

ゲーム性の楽しさを大きく左右する”キャラクターのスピード感”を究極まで掘り下げる事に尽力し、その結果得られるトチ狂ったような操作速度と移動範囲を存分に堪能する役割となるのが、今回ご紹介した方法のカスタムだ。

冒頭で述べた通り、”勝率は度外視でひたすらキャラクターを速くする事”を念頭に置いてほぼ例を挙げたが、実際に勝負に用いる上ではここまで操作性を特化する必要性はまったく無いので、その場合は攻撃数値と引き換えに適度に速度数値を下げて使おう。

 

―純粋な操作感覚の増強だけに的を絞ったカスタマイズの方法となります。

ある意味では最高峰の「速度特化型」ですが、その移動能力は最早ステージがステージとして機能していない有り様ですので、結果的に”ネタカスタムの王者”と形容できる立ち位置になってしまった”ネタ系カスタム”と言えます。