スマブラカスタム組 ブログ

スマブラforWiiU、3DSにおけるカスタマイズ機能の遊びを極める楽しさをお伝えしていく事を主な目的としたブログです。※YouTubeにて時々午後7時半より、実況対戦動画を配信中!

攻撃型ネタカスタム 「超速ダッシュ」高威力タックルで相手に激突!

ダッシュ移動中に固有の攻撃判定が追加される「超速ダッシュ」の威力を底上げし、一撃の威力が重いタックルを装着して戦うスタイルのカスタマイズ方法をご紹介する。

一つ前に紹介した「アイテム投げアップ」型とは違って、こちらは正真正銘の”ネタ寄りカスタム”となるので、好きなキャラクターで組み立てれば良いが、実用性と面白さを追い求めるなら”必殺技の中に突進技を複数持つキャラクター群”だと、地上戦の突撃手段が豊富になる。

 

前進しつつ攻撃するカスタマイズ必殺技を複数持ったキャラクター

 ルイージクッパヨッシー、リトルマック、ガノンドロフゼロスーツサムス、パルテナ、マルス、アイク、メタナイト、フォックス、ファルコ、ピカチュウ、プリン、キャプテンファルコン、シュルク、ルキナ、ソニック

☆強力な突撃技を有するキャラクター

 ピーチ、クッパJr、ワリオディディーコング、シーク、ピット、デデデ、リザードンゲッコウガむらびとドクターマリオ、ブラックピット、パックマン

 

f:id:ka_me:20150507213327j:plain

カスタマイズの方法

「超速ダッシュ」×2+「クリティカルヒット」or上昇数値が最大の攻撃装備

「超速ダッシュ」を二つ付ける事で、ダッシュタックルの基本最大攻撃力は”12”となり、更に攻撃数値を上げつつ「クリティカルヒット」を組み込む事で、タックル自体の威力を極限まで高められる。

本カスタムはネタ寄りとは言え、ダッシュ中に攻撃判定が付いている事を除けば正攻法でも戦える為、ステータスのバランスを考えたら「超速ダッシュ」は防御装備に付いているものを2つ採用すると良いだろう。

(※もちろんタックルの攻撃力限界に挑むのであれば、攻撃装備の「超速ダッシュ」を2~3個で固めると良いだろうが、残念ながら筆者の環境ではパーツが集まっていない。おそらく30%前後の威力に到達するはずなので、持っている方は是非試してみて欲しい。)

f:id:ka_me:20150507214313j:plain f:id:ka_me:20150507214333j:plain

※ダッシュ開始から1秒間以上走った後で相手にぶつかると、最大のダメージ量を与えられる。上で取り上げた画像のルキナなら、通常の最大威力は14%で、クリティカルヒットが発動する事で43%の破壊力となる。(画像左)

ダッシュでひたすら右往左往するだけでもなかなか爽快だが、ルキナの場合は横スマッシュ攻撃の性能も優秀な為、真面目に戦うならダッシュからシールド行動を利用してストップし、横スマッシュを出すという戦法も有効。(画像右)

また、B必殺技3の「アサルトダッシュ」は溜め具合によって大きく前進する他、横B必殺技1の「マーベラスコンビネーション」と上B必殺技2の「クレセントスラッシュ」も距離に応じて使い分ける事で、突撃手段を変える事ができる。元々のダッシュA攻撃の出が遅くて貧弱な分、それを多彩に補う戦法を身に付けた形と言える。

f:id:ka_me:20150507220638j:plain f:id:ka_me:20150507220711j:plain

※その他の一例として、”タックル”と言えばまずこの男。今作は何らかの陰謀によって通常にタックルを打つ事ができなくなってしまったが、こちらの画像のワリオならば最大17%ダメージのパワフルアタックをお見舞いする事ができる。又、距離を調節してヒットから空中上、後ろA攻撃やオナラのコンボで撃墜していける他、バイク突進や投げつけを絡めた択も豊富である為、なかなかに実用性もある。(画像左)

突進技の豊富さならキャプテンファルコンが随一。こちらの画像のファルコンは上B必殺技を除く3つが前進攻撃技であるので、「超速ダッシュ」の攻撃判定と通常のダッシュA攻撃を合わせれば、合計で5つも突撃技を備えている事になる。ダッシュタックル自体の最大ダメージは19%で、元々素早いファルコンなら速度数値の減少量もそれほど気にならず、かなりバランスの良いステータスに仕上がっている。(画像右)

f:id:ka_me:20150507223047j:plain f:id:ka_me:20150507223154j:plain

※こちらは「超速ダッシュ」一つだけで、攻撃数値の上昇に頼って威力を押し上げた例。画像のメタナイトは最大ダメージが12%、クリティカルヒットが出る事で36%の威力。上で取り上げた画像のルキナに比べるとタックル自体の性能は落ちるが、攻撃数値を大幅に上げているので、高火力の各種必殺技等を用いて普通に戦っていける。紙装甲さえ覆せる腕前があれば、充分に勝てる性能。(画像左)

今回最もネタ的な立ち位置として用意したのが、隣の画像のクッパ。元々の歩行速度が下から4番目である事に加え、速度数値が-57、そこに「歩行速度ダウン」が2個付いて0.7倍化で歩き移動が相当に鈍重。しかしそれが「超速ダッシュ」の走行エフェクトを更に際立たせ、攻撃&防御型の高ステータスと突進技の「ダッシュクロー」「スライドシェル」を活かして戦えばかなり強い、実力重視のカスタム。(画像右)

 

必殺ワザ

突進技や前方向へ移動しながら攻撃する技を複数持つキャラクターは、ダッシュタックルとの兼ね合いを考えて採用する。

それ以外では、ステータス数値は比較的バランスの良い仕上がりになっているはずなので、正攻法でも扱いやすい構成の組み立てにしよう。

 

f:id:ka_me:20150507230326j:plain

全特殊効果の中でも特に目を見張る「超速ダッシュ」の効果を主軸とした、極めてファン要素の強いカスタムとなるのが、今回ご紹介した方法のカスタマイズである。

高威力のダッシュタックルを身に付けているとは言え、実戦で最大量のダメージを何度も当てるのは容易ではない上、勝とうとするならまともに実力で操作する形になってしまうが「超速ダッシュ」の性能を極限まで高めている事自体に意味がある、そんな感じの”ネタ的カスタム”である。

 

―前回に続いて二つ目の紹介となる、攻撃型の「ネタカスタム枠」となります。

本ブログ推奨のルールなら、防御薄のスマッシュ特化型カスタム等が蓄積120%ほどの所に最大威力でぶつかれば撃墜も狙えてしまう上、何より見た目と操作感覚の両面で非常に楽しいので、筆者的にはかなりオススメのカスタムなのですが、いかがでしょうか?