スマブラカスタム組 ブログ

スマブラforWiiU、3DSにおけるカスタマイズ機能の遊びを極める楽しさをお伝えしていく事を主な目的としたブログです。※YouTubeにて時々午後7時半より、実況対戦動画を配信中!~

アイテム型カスタム 万能なるアイテム使い

通常の攻撃や必殺技よりも、アイテム使用時の威力と弾数を万遍なく上げ、ステージ上に置かれるアイテムを積極的に使って、対戦相手と渡り合っていくスタイルのカスタマイズ方法をご紹介する。

特に適した性能のキャラクターというのは存在しないので、立ち回る上での各種必殺技の使い勝手や移動性能等を考慮しつつ、好きなキャラクターで組み立てると良い。

 

適正なキャラクター

 誰でも

 

f:id:ka_me:20150501151840j:plain

カスタマイズの方法

「アイテムシューター」+「アイテムヒッター」+「スターロッド持ち」or「アイテムピッチャー」or「早振りバッター」 等

アイテムの種類別に影響を与える「アイテムシューター」「アイテムヒッター」を同時に採用した上で、これら二つの効果を同時に受けられる「スターロッド」持ち込みか、アイテム投げの飛距離が伸びる「アイテムピッチャー」、更に局所的に効果を及ぼす「早振りバッター」あたりを組み込むというのが、万能的なアイテム使いのカスタムを作る上での基本形となるだろう。

「アイテムシューター」の”射撃アイテムの威力・弾数が1.5倍になる”効果で、強力なスーパースコープの溜め撃ち数は5→7発に増える上、威力も28→42%となる。次いで有効なのは、スティールダイバー、まほうのツボ、レイガン、ファイアフラワー等。

また、「アイテムピッチャー」を組み込んでおく事で、撃ち終わった後の射撃アイテムを投げる時の使用感覚が大きく異なるほか、スマートボム&十文字爆弾を筆頭に、とうてきアイテムの使い勝手が良くなる。

(※「アイテム投げアップ」を使う場合は、攻撃数値も極端に高めて一芸特化のカスタムにした方が輝くので、本カスタムでは候補外とする。)

f:id:ka_me:20150501160637j:plain f:id:ka_me:20150501160658j:plain

※打撃アイテムによる攻撃の威力には攻撃数値も影響している為、できれば40~60程度上げておきたい。参考までに、上で取り上げた画像のマリオ(攻撃数値44)で主要となる打撃アイテムを用いた際のダメージ量を記載する。

・ビームソード スマッシュ攻撃28%

・ファイアバー スマッシュ攻撃約32~37%

・巨塔 スマッシュ攻撃44%、風18%(3ヒット)

・スターロッド スマッシュ攻撃30%、星19%

・ホームランバット ダッシュA攻撃32%

(※巨塔とスターロッドは「アイテムシューター」の弾数1.5倍効果も適用している為、それぞれ6→9発、16→24発と増えており、しぶとく使い続けられる。他には「リップステッキ」も当てはまるが、無理に使う必要はない。一応スマッシュ攻撃を当てられれば、かなりふっ飛ぶのだが。)

ハンマーとゴールデンハンマーについては特殊で、攻撃数値は影響しないが「アイテムヒッター」による威力1.5倍効果は効いているので、それぞれ27→40%、30→45%に破壊力が増強している。

f:id:ka_me:20150501163619j:plain f:id:ka_me:20150501163645j:plain

※安定性を取るなら、打撃と飛び道具の両面で機能する「スターロッド」を持ち込むと良い。最初から高性能の中距離弾を24発所持している為、試合開始時のアドバンテージが大きい。画像ではキャラクターカラーに合わせて防御型のステータスとしているが、普通は攻撃型にしておいた方が強力。(画像左)

また、ネタ寄りにはなるが「早振りバッター」を組み込む事で、真の意味であらゆるアイテムに精通したキャラクターとなり、ホームランバットが出たら振って使う事も視野に入れる事ができる。こちらの画像のカスタムでは、出来得る限り攻撃数値も高めてあるので、他の打撃武器を持った時の威力も半端ではない。(画像右)

 

必殺ワザ

ダメージ蓄積と撃墜の両方をアイテム攻撃で行っていくので、必殺技の中には発生や後隙が長くてテンポを損なうもの、アイテム使用を喰ってまで撃墜に使えるもの等は組み込むべきではないだろう。

アイテムを手にした上での扱いやすさを考慮した飛び道具や、移動の手助けとなる突進技や復帰技、スタンダードな性能の反射技等が主な候補となる。

 

f:id:ka_me:20150501165310j:plain

シリーズで最も豊富となった数々のアイテムを更に強力な性能に底上げして、積極的に手に取って使用していく戦闘スタイルとなるのが、今回ご紹介した方法のカスタムである。

”初代”や”DX”では殆ど投げて使われる有り様だったアイテム群を、元々の効果に沿って万遍なく力を発揮でき、立ち回りから撃墜の手段に至ってまでフル活用するという点で、よりアクションゲーム的要素の強いバトル感覚を楽しめる。

 

パーティゲーム的要素として色濃く影響している「アイテム」という一要素を、ふんだんに活躍させる事で勝ちが見えてくる、異質な種類のカスタムとなります。

ここで紹介した以外では、3つ目の特殊効果として「たべるといろいろアップ」又は「たべると攻撃アップ」を採用して食べ物アイテムにも対応させる他、復帰時にアイテムを取り易くする為「無傷で速度アップ」等を組み込むという方法も挙げられるでしょう。