スマブラカスタム組 ブログ

スマブラforWiiU、3DSにおけるカスタマイズ機能の遊びを極める楽しさをお伝えしていく事を主な目的としたブログです。※YouTubeにて時々午後7時半より、実況対戦動画を配信中!~

防御特化型カスタム 「らくらくジャストシールド」最強の防御手段であらゆる攻撃を無力化!

シールドを使って相手の攻撃を防ぐ際、直前で受ける事によって硬直やノックバックが無くなる”ジャストシールド”が発生するが、これを意図的に駆使してあらゆる攻撃を受け止め、カウンター気味に反撃していくスタイルのカスタマイズ方法をご紹介する。

元々優れた防御手段として存在している上、今作では「らくらくジャストシールド」の特殊効果を用いる事によって発生フレームを増やし、積極的に狙っていく事が可能となるので、こちらを存分に利用した形式となる。

オールマイティな防御型として、どのキャラクターでも一考の価値があるが、特に反射技や吸収技を備えたキャラクターなら、防御回りがより強固な性能になるだろう。逆に、カウンター技を持っているキャラクター群の場合は、利用価値が若干薄れる。

 

反射技、吸収技を持つキャラクター

 マリオ、Mr.ゲーム&ウォッチゼルダ、ピット、パルテナ、フォックス、ファルコ、ロボット、ネス、むらびとドクターマリオ、ブラックピット、ロックマンミュウツー

△カウンター技を有する為、使い分けを強いられるキャラクター

 ピーチ、リトルマック、(パルテナ)、マルス、アイク、ルカリオゲッコウガ、シュルク、ルキナ

 

f:id:ka_me:20150424004918j:plain

カスタマイズの方法

「らくらくジャストシールド」×2+「シールド回復アップ」or「シールドで反射」or「ジャストシールド爆発」

ジャストシールドを使ってダメージ自体の大半をシャットアウトしていく形となるので、防御型の位置付けでありながら防御数値は攻撃数値と同等か、それ以下でも良いのが本カスタムの特徴である。

「らくらくジャストシールド」を二つ付ける事で、ジャストシールドが発生するフレームが10(約0.16秒)になり、スマッシュ攻撃を初めとする大技を防ぐ分には十分な猶予が用意される。残る一つには、アクセントとしてシールド行動に影響する他の特殊効果を合わせて採用する。

(※厳密には上記の3つ以外にも「シールドで回復」があるが、自分のダメージの些細な回復を狙うよりも相手を倒す事を優先した方が良いので、強力なカスタム乱闘においては採用の価値は薄いと判断している。また、あまり目立たないものの、掴み打撃を通しにくくする目的で「クイック脱出」を組み込むという方法もある。)

f:id:ka_me:20150424010409j:plain f:id:ka_me:20150424010443j:plain

カービィは反射技等は持たないが、上スマッシュ攻撃と上B必殺技3の「ライジングカッター」が、ジャストシールドにならなかった場合のキャンセル行動として有効。上で取り上げた画像のカスタムならば、「シールド回復アップ」によってシールドの回復速度が1.5倍になっている為、積極的にシールドを張りながらの攻防が展開できる。

隙の大きい技をジャストシールドにできた場合は、横B必殺技2の「打ち上げハンマー」を当てる事で早期撃墜が狙える。また、B必殺技2の「こちこちといき」は、普通に使って相手の攻撃を誘う手段もありながら、当てて凍らせたところを空中浮遊で追いかけ、解けた瞬間に「ライジングカッター」を当てるという疑似コンボパーツにもなる。

f:id:ka_me:20150424011521j:plain f:id:ka_me:20150424011547j:plain

※「シールドで反射」を用いる場合は、副作用として耐久値の減少量が1.1倍になり、回復時間も0.8倍となるので、相手の大技を見極めて確実にジャストシールドを発生させていく必要性が生まれる為、「シールド回復アップ」を組み込む場合とは使い勝手が対極的になる。(画像左)

「ジャストシールド爆発」は、そもそもジャストシールド時に固有の攻撃判定が発生するようになるので、自分から反撃手段となる技を振る必要が無くなる。場合によってはそれで撃墜も狙えてしまうのだ。こちらの画像のゼルダは、特別に「シールド回復アップ」も同時に組み込む事によって、シールドを張れる頻度をより多くしている。(画像右)

 

必殺ワザ

反射技や吸収技を持っているキャラクター群の場合は、防御方法の択としてそのまま採用する。他には、ジャストシールドに限らずとも、シールドからのキャンセル行動として出せる上B必殺技の中に有力なものがあれば、迷わず組み込もう。

残りはそれらとのバランスを考えて組み立てるか、シールド行動に偏重せずともそこそこ立ち回れる構成にするかのどちらかで考えると良い。

 

f:id:ka_me:20150424013347j:plain

最高の防御手段として存在している”ジャストシールド”を実用的なレベルの発生フレームに押し上げ、立ち回りの軸として存分に活用していく戦法となるのが、今回ご紹介した方法のカスタムである。

扱いこなす上では丁寧な読みや反射速度が必須とされる他、大半の多段ヒット攻撃に対しては苦手である為、「我慢のスマッシュホールド」型以上に腕前と熟練度が必要になるが、相手の攻撃をギリギリまで見極めてシールドを張り、即座に各攻撃で反撃するという他と一線を画す戦い方は、なかなか癖になる独特の魅力がある。

 

―「らくらくジャストシールド」によって、カスタマイズ乱闘限定ではありますが、今回シリーズ通して初めて”ジャストシールド”を実戦で狙っていけるようになります。

キャラクターの耐久力にはほとんど頼らない形式になるものの、そもそもの防御手段としてトップクラスの性能を誇る”ジャストシールド”を最大限に活かすカスタムとして、ある意味では一番の防御特化型と言えるのではないでしょうか。