スマブラカスタム組 ブログ

スマブラforWiiU、3DSにおけるカスタマイズ機能の遊びを極める楽しさをお伝えしていく事を主な目的としたブログです。※YouTubeにて時々午後7時半より、実況対戦動画を配信中!

重複時における効果倍率(抜粋)

同様の特殊効果を一つのカスタムで2~3個採用する場合には、その効果の影響や倍率がより大きくなるという特徴がある。

ただし、それらは単純に倍々になるのではなく、基本的に2、3個目による増幅効果は緩やかなものなので、大半の効果においては1つだけを採用しつつ、他の特殊効果やステータス数値とのバランスを図って組み立てる方が有効である。

しかしながら、中には重複を利用してより”専用的なカスタム”を試してみる価値があるものも存在するので、マイナス効果を含めた全ての効果の中から「攻撃型向き」防御型向き速度型向き」「バランス型向き・その他」に分けつつ、該当すると思われるものを抜粋して解説する。

(※倍率のデータは「大乱闘スマッシュブラザーズ for NINTENDO 3DS 完全攻略本 ニンテンドードリーム編集部 編著 徳間書店」p.407~409の記述を参考としています。)

 

f:id:ka_me:20150419202820j:plain

■攻撃型向き

クリティカルヒット(発生確率)20→26→33%

クイックスマッシュ(溜め時間)31→26→21フレーム(約0.5→0.4→0.3秒)

・5秒前ボーナス(ふっ飛ばし力)1.6→1.75→1.9倍

ダウンバースト(攻撃力)1.4→1.55→1.7倍

超速ダッシュ(最大攻撃力)7→12→18

ライフスティール(発生確率・回復割合)50・5→60・6.5→70%・8割

・撃墜回復(回復量)15→20→25%

クリティカルヒット」は重複する事で発生確率が3割を超える為、攻撃数値を上げつつ3積みできる場合は一考の価値がある。「超速ダッシュ」は重ねがけして攻撃数値も上げると判定自体のダメージ量を底上げでき、場合によっては撃墜も狙える威力になる。「ライフスティール」「撃墜回復」は積極的に相手を攻撃、または撃墜する事で効果の発生機会が増すので、回復効果であるものの攻撃型向きに分類した。

 

■防御型向き

・空中防御アップ(被ダメージ)0.75倍→0.68倍→0.6倍

・ピンチで無敵(無敵時間)420→480→540フレーム(7→8→9秒)

らくらくジャストシールド(受付時間)8→10→12フレーム

ジャストシールド爆発(ダメージ・範囲)15・1.1→20・1.15→25・1.2倍

シールド回復アップ(シールド回復速度)1.5→2→2.5倍

・らくらく回避(無敵時間)1.1→1.2→1.3倍

・クイック脱出(行動不能時間)0.5→0.33→0.25倍

「空中防御アップ」「ピンチで無敵」の重複による、局所的な耐久力増強が目玉となる他、ジャストシールド関連の択が非常に熱い。(※「ジャストシールド爆発」の攻撃範囲は、シールド自体の大きさを基準としている。)「らくらく回避」「クイック脱出」は、ステータス数値を上げる事では影響を及ぼせない効果なので、該当項目とした。

 

■速度型向き

スケーター(移動速度・ブレーキ力)1.5・0.6→1.65・0.5→1.8倍・0.4倍

・地上ジャンプ弱化(ジャンプ高度)0.7→0.64→0.58倍

ふわりジャンプ(落下速度)0.6→0.5→0.4倍

おもりジャンプ(落下速度)1.4→1.55→1.7倍

・着地硬直ダウン(硬直フレーム)0.7→0.6→0.5倍

たべると無敵(無敵時間)300→330→360フレーム(5→5.5→6秒)

・オート回復(回復量)2→3→4% ※180フレーム(3秒)毎

「スケーター」は重ねがけによってキャラクターが更に滑るようになり、「ふわりジャンプ」「おもりジャンプ」は片方を3積みする事で滞空時間の極端な上下が可能。「たべると無敵」は重複させれば「ファーストヒッター」と大差の無い無敵時間を一試合に何度も得られる可能性ができ、「オート回復」は二倍の回復効果にしながら、適度に逃げ回る事で効力を大きく堪能できる。

 

■バランス型向き・その他

・てかげん切り札使い(発動確率)30→50→70%UP

・切り札もう一回(一位・最下位確率)20・75→30・85→40%・95%

・アイテムシューター(威力・弾数)1.5・1.5→1.65・1.8→1.8倍・2倍

・アイテムピッチャー(飛距離)1.28→1.5→1.72倍

・「○○持ち」系(持ち込み数)1→2→3個

・早振りバッター(攻撃発生時間)36→31→26フレーム目(約0.6→0.5→0.4秒目)

・ファーストヒッター(無敵時間)600→720→840フレーム(10→12→14秒)

・ガケつかまりやすし(ガケつかまり範囲)1.3→1.5→1.7倍

・ブレーキ強化(ブレーキ力)1.5→2→3倍

「てかげん切り札使い」と「切り札もう一回」はペアで組む事が望まれるが、それぞれの重ねがけによる増幅効果も見過ごせないものがある。「アイテムシューター」「アイテムピッチャー」は重複とアイテム持ち込み等によって、ほぼアイテム頼りのカスタムに仕上げる方法が一考できる。下の4つについてはネタ向けの効果ではあるが、重複させる事でしか影響が及ぼされない効果群なので、ここに分類した。

 

■上記に記載されていないものについて

・例えば「メテオ強化」「アイテムヒッター」等の威力増強効果なら、一つを付けた上で攻撃の数値を極端に上げた方が、よりダメージ量の底上げを望める。

「○○ジャンプ強化」弱化やその他移動速度アップ系の効果は、速度数値も高めた上で一つだけ採用した方が実戦的になる。

「ピンチで○○アップ」を初めとする制限時間付きの増強効果は、同種の「いろいろアップ」も一緒に組んだ上、攻撃なら攻撃数値、防御なら防御数値等を高める方が総合的に強くなる。(「無傷で~」系も同様)

「ミス後無敵のばし」は重複によってミス後の無敵時間が3→4→5倍まで増えるが、積極的にミスをして無敵の間に戦うだけ、という単調な戦闘スタイルを強いられる為、面白味に欠けると判断した。

「スマッシュボール引き寄せ」は重複によってスマッシュボール自体の移動速度が1.001→1.005→1.011倍となるようだが、そもそも一つで絶大な効力がある上、他の特殊効果も合わせて採用したいので重ねがけするのは勿体ない。

 

―ここで挙げた以外の細かな特殊効果については、複数の異なる効果と合わせて組む事が基本とされるものや、そもそも目を見張る効果ではないものと思われます。

重複を利用する場合のカスタマイズは、3積みの場合は”その効果を前面に押し出す”為の必殺技の構成が必要になりますし、2つのみの重ねがけとするなら、残る1つに”助力となる特殊効果や上昇数値の高い装備”を組み込む等といった、通常とはまた違った作成感覚となります。ある程度一通りのカスタムに慣れた上で、更に踏み込んだ手段として挑戦してみると良いのではないでしょうか。