スマブラカスタム組 ブログ

スマブラforWiiU、3DSにおけるカスタマイズ機能の遊びを極める楽しさをお伝えしていく事を主な目的としたブログです。※YouTubeにて時々午後7時半より、実況対戦動画を配信中!~

バランス型カスタム 癖のある操作性や欠点を扱いこなし、勝利を掴め!

全てのステータス数値は万遍なく高いものの、操作感覚や防御面等に部分的な欠点を抱えており、一癖ある性能を使いこなして勝利を手にするタイプのバランス型カスタムの作成方法をご紹介する。

御承知の上ではあるかと思うが、「ミス後無敵カット」を除いたあらゆるマイナス効果付きの装備だけで全数値を上げるよう組み立てれば、上記のような性能のキャラクターは自然と出来上がる。

「ミス後無敵カット」型が王道のバランス型なのであれば、こちらは対となる”難ありバランス型”という位置付けが当てはまるだろうから、元々の扱い自体が難しい部類のキャラクター群で作成すると良いだろう。ただ、マイナス効果は集めにくいという事もあり、組み立てられる場合ならどのキャラクターでも一考の価値がある。

 

他と比べて独自的な性能を有するキャラクター

 ピーチ、ロゼッタ&チコ、ワリオ、リトルマック、ゼルダ、ルフレ、ネス、むらびとピクミンオリマー、シュルク、ロックマン

バランスは良いものの若干の癖を持つキャラクター

 ヨッシークッパJr、ディディーコング、Mr.ゲーム&ウォッチダックハント、ロボット 等

☆カスタマイズ必殺技によって動きが豊富に変わるキャラクター

 ルイージクッパ、リンク、シーク、ガノンドロフトゥーンリンク、サムス、ゼロスーツサムス、パルテナ、キャプテンファルコン 等

 

f:id:ka_me:20150417001842j:plain

カスタマイズの方法

「ミス後無敵カット」を除くマイナス効果付きの攻撃装備+「〃」防御装備+「〃」速度装備

邪道なバランス型として、「ミス後無敵カット」のみで組み立てる場合とは違い、こちらは”マイナス効果を選りすぐる”という、ある種異様な趣がある。

操作感覚の一部に影響を与える効果群として「おもりジャンプ」「地上ジャンプ弱化」「空中ジャンプ弱化」「ジャンプ弱化」「走行速度ダウン」「空中横速度ダウン」「着地硬直アップ」防御面を脆くする効果群に「ジャストシールド不可」「シールド回復ダウン」「きつきつ回避」「空中防御ダウン」その他些細な点に影響がある効果で「アイテム投げダウン」「ガケつかまりがたし」が存在するので、キャラクター性能に合わせてこれらの中から選別する。

(※「空中攻撃ダウン」は多くのキャラクターにおいて弊害にしかならず、基本的に使用はオススメしない。また、「歩行速度ダウン」「たべもの回復ダウン」「ガケつかまり時間ダウン」は影響面が微々たるものである事と、ステータスの補正値が極小の為、わざわざ採用する面白味に欠ける。)

f:id:ka_me:20150417160320j:plain f:id:ka_me:20150417160402j:plain

※上の画像で取り上げたカスタムのヨッシーは、「走行速度ダウン」によってダッシュスピードが0.8倍になっているのに加えて、「地上ジャンプ弱化」で一段目ジャンプ高度が元の0.7倍なので、地上の移動に関してはショートジャンプによる機敏な動きを用いる事が余儀なくされる。

しかしその分、元々性能の良い各種空中A攻撃を地上付近でガンガン振っていける為、独特の戦闘スタイルを持つ。また、ダッシュと地上ジャンプの面で速度数値の影響が抑えられている分、”空中ジャンプだけが異様に伸びる”という感覚があり、扱う上ではなかなかに癖を感じる。

「シールド回復ダウン」の効果によって、削られたシールドの回復速度が元々の半分になっている弱点もあり、割られる危険を感じた時は横B必殺技2の「どっしりたまご」が有するアーマー効果を使って相手の攻撃を防ぐ。

f:id:ka_me:20150417162210j:plain f:id:ka_me:20150417162232j:plain

※こちらのゼロスーツサムスは、「シールド回復ダウン」が二つ重複している影響で、シールド耐久値の回復量が元のわずか0.33倍になっており、迂闊にシールドを張る事が許されない。一応ジャストシールドはできるものの、そもそもシールド行動に頼らない立ち回りを取った方が安定する。

そこで、元々の性能のものより大きく浮上するカスタマイズ必殺技として、上B必殺技2「インパクトキック」と下B必殺技2「フリップ流星キック」を採用して、地上に居る事自体が少なくなる組み立てにしている。

上記二つの技は撃墜力の面においても極端に増強されており、「アイテム投げダウン」によってアイテムに頼った立ち回りもなんとなくはばかられる為、主な撃墜の手段にはこの二種類のキックを使い分けていくことになる。

 

必殺ワザ

王道の対をなすバランス型である以上、各種必殺技も活用に一苦労する性能のものを揃えて、目一杯扱い辛いキャラクターに…と考える事もできるが、それではさすがにネタ寄りのカスタムになってしまうので、ここはやはり「撃墜の狙いやすさと実用性の両面で、これがこのキャラにとってのベスト」と思える構成にするべきだろう。その方が扱いこなした上での見返りがより大きくなる。

技の取捨選択においても、おそらくあまり迷う事は無いはずだ。

 

f:id:ka_me:20150417181245j:plain

マイナス効果の組み合わせ方によっては、ステータス数値の上ではバランス型であるにも関わらず、非常に凹凸な操作感覚が生まれる可能性があるのが、今回の方法を用いたカスタムである。「ミス後無敵カット」型と比較するとその差は歴然で、勝つためにはある程度使い込む必要性もあり、強弱は抜きにして操る上での面白さに関してはこちらに軍配が上がるだろう。

 

―バランス型においても、主に操作性を筆頭にそれぞれ特徴付ける事ができるという事を実感して頂けるかと思います。

マイナス効果を大量に集めるまでにはなかなか大変ですが、それらだけの効果群を利用したカスタムもまた一興であるという事で、後々の楽しみとしておくと良いのではないでしょうか。