読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマブラカスタム組 ブログ

スマブラforWiiU、3DSにおけるカスタマイズ機能の遊びを極める楽しさをお伝えしていく事を主な目的としたブログです。※YouTubeにて時々午後7時半より、実況対戦動画を配信中!~

バランス型カスタム 隙のない高ステータスで実力勝負!

全てのステータス数値を万遍なく強化し、助力になる効果は持たないものの、純粋に高い身体能力で勝負に挑というスタイルのカスタマイズ方法を紹介する。

バランス型の定義としては、装備を組む際に0より下の数値になるステータスが一つも発生しないようにする、という事。なので単純に特殊効果の無い攻撃、防御、速度装備で固めても一応完成はするが、それよりもマイナスの特殊効果が付いた装備を用いる事で二、三回りほど高いステータスのキャラクターにできる。

適性としては、元々どのような状況にも対応できる「スタンダード的性能」として位置づけられているキャラクター群が扱いやすいだろうが、それはプレイヤーの感覚にも依るところだろうし、特にどのキャラクターで用意しても差し支える事はない。

 

比較的スタンダードな性能として挙げられるキャラクター

 マリオ、ルイージ、ピット、マルスカービィピカチュウルカリオWiiFitトレーナー、ブラックピット、ルキナ、パックマン、ソニック

☆癖はあるがどんな状況においても独自に戦いやすいキャラクター

 ピーチ、ディディーコングゼルダ、ネス、むらびと 等

 

f:id:ka_me:20150408210936j:plain

カスタマイズの方法

「ミス後無敵カット」付きの攻撃装備+「〃」防御装備+「〃」速度装備

バランス型の王道として最適なのは、やはり上記の組み合わせ。「ミス後無敵カット」は重複する事による影響が無いので、ミス後の無敵時間が無い事以外、その他立ち回る上での差し障りが一切ない。もし「ミス後無敵カット」付き装備が都合よく三種類も存在しなければ、代わりに特殊効果のない上昇数値が最大の装備を使おう。それでも二つは欲しいところだ。

(重複しない特殊効果はこれと「ジャストシールド不可」の二種類のみである。ステータス補正値もほぼ変わらないので、ミス後の無敵時間かジャストシールドのどちらを取りたいかで決めると良いだろう。ただ、マイナス効果はプラスの効果と比べてレアリティが高く、なかなか取捨選択できるほど集まらないという欠点がある。)

 

必殺ワザ

プラスの特殊効果や持ち込みアイテムの組み合わせによる戦闘力アップの工夫が成されない為、必殺技の取捨選択のみがこのカスタムの醍醐味となる。

純粋な実力勝負を挑む目的として利用されるであろうカスタムなので、基本的にはデフォルトの技を準拠にして、そのままの性能では活用し難いものだけ変えるといった方法にすると、バランス型カスタムとしての位置づけがより強固なものになるだろう。

もしくは、同じバランス型でも必殺技の組み合わせだけで立ち回り方に特徴ができるので、1つのキャラにつき2~3種類用意したり、コンパチキャラクターとの差別化を図るのも面白い。

f:id:ka_me:20150408215313j:plain f:id:ka_me:20150408215457j:plain

※こちらは上で取り上げた画像のピットと同じ装備のブラックピットだが、両者のイメージに合わせてB必殺技と下B必殺技が変更してある。

ピットのB必殺技3の「自在の神弓」は、放った後移動しながらでも軌道を変えられるほど融通が利く飛び道具で、通常よりも反射の威力が増してある下B必殺技3の「倍増ガーディアンズ」と合わせて遠距離に居ても相手の行動を制限しやすい。

対してブラックピットのB必殺技2「貫通の神弓」は威力と判定は大きいものの直線にしか出ず、打撃技となっている下B必殺技2の「衝撃ガーディアンズ」と合わせて近~中距離で戦う事が多くなる。

同じステータスでも、組み合わせた必殺技だけで随分と使用感覚は変わるものだ。

 

f:id:ka_me:20150408221719j:plain

尖った強みがない分派手さには欠けるが、その実「攻撃と防御も高い速度型」といったような性能と操作感覚で、確かな強発揮する。「バランス型」や「万能型」と呼ぶにはいささか強すぎるくらいなので、筆者の環境では”天才型”と称しているのが今回紹介したカスタムだ。これを使って他の強力な一点特化型カスタムに実力で打ち勝つのも、また違った種類の充実感が味わえる。

 

―「ミス後無敵カット」付きの装備だけで高ステータスのキャラクターに仕上げるという方法は、おそらく多くの方が思いつくカスタマイズの一例だと思いますが、やはりそれはそれで一つの個性的なカスタムだと言えるでしょう。

「ミス後無敵カット」を初めとして、マイナス効果付きの装備はなかなか集めにくいのがネックですが、実力派かつ硬派なスタイルのカスタムとして是非とも用意しておきたいところです。