スマブラカスタム組 ブログ

スマブラforWiiU、3DSにおけるカスタマイズ機能の遊びを極める楽しさをお伝えしていく事を主な目的としたブログです。※YouTubeにて時々午後7時半より、実況対戦動画を配信中!

カスタマイズパーツと必殺技を手早く大量に集める方法

早速カスタマイズ機能を使った対戦を楽しもうと思っても、一人用モードで装備パーツや必殺技を手間暇かけて集めなければならない。正直な所、その段階での敷居の高さが、本作カスタマイズ機能がいまいち評価されていない理由であると思う。

このブログを見に来て下さっている方は、ある程度カスタマイズパーツを集められている事と思いますが、一応当ブログで推奨する「いち早く多種多様のカスタマイズを組めるまでパーツを集める」方法を紹介しておきたいと思います。ただし、3DS版、WiiU版の両方を使用できる事が前提です。

 

f:id:ka_me:20150401212622j:plain

主となる手段を述べると、「質の高い効果パーツを大量に集める」「全キャラクターの必殺技パネルを全て埋める」事を考えて、WiiU版にある「クレイジーサイド」モードを利用する方法が最も妥当だと思いますので、出来るだけかかる時間を抑えて「クレイジーサイド」を効率的に利用する為の手順、という事になります。

また、集めた装備と必殺技は両機種別々で取り扱われる為、多種多様のカスタマイズはWiiU版で行い、3DS版でも遊ぶ場合は連動機能でそちらに送るという形式です。

 

1)3DS版におけるクリアゲッターの1ページ目をコンプリートする

「クレイジーサイド」モードは、10分の制限時間で数々の試合状況をできるだけ勝ち抜き、好きなタイミングで「クレイジーハンド」を倒して入手したご褒美を総取りするというルールですが、普通に挑んでは大した回数を勝ち抜けません。そこで、3DS版”クリアゲッター”の2ページ目で手に入る「ホームランバット持ち」「早振りバッター」「ファーストヒッター」の効果を組み合わせたカスタムキャラを用いる事をオススメします。

1ページ目のクリアゲッターは、一人用の各モードを初めて遊ぶという種類を主に、1~2時間あれば全開放できる簡単な条件のものばかりです。クリアしたパネルから順に他の条件を見ながらこなしていきましょう。なお、3つ手に入るハンマー(条件を達成せずともクリアした事にする)はそのページでしか使えないので、

・「フィールドスマッシュ」の持ち込みアイテムを10種類以上ゲットする

・カスタマイズパーツのぼうしを5種類以上ゲットする

・カスタマイズパーツのからだを3種類以上ゲットする

・「すれちがい大乱闘」をはじめて遊ぶ

あたりの条件に使ってしまうのが良いかと思います。

 

2)3DS版におけるクリアゲッターの2ページ目で特定のパネルを解放する

必要となる効果パーツが取得できる条件とパーツは、それぞれ

・「ホームランコンテスト」で600m以上の記録を出す

  =ホームランバット持ちのスピードバッジ

・「ホームランコンテスト」を15人以上のファイターで遊ぶ

  =早振りバッターのアタックバッジ

・「すれちがい大乱闘」においてカウンタースマッシュで20人以上倒す

  =ファーストヒッターのスピードバッジ

となります。600m以上の記録は、ガノンドロフで横スマッシュを5回当てた後バットを拾ってホームランするという方法で簡単に達成できます。

「すれちがい大乱闘」の条件は少々面倒なので、先に

・「キャラ作り」でファイター3人をカスタマイズする

・対戦のプレイ時間がのべ10時間を超える

のどちらかを達成して得られるハンマーを使用すると良いでしょう。

 

また、後述の「フィギュアラッシュ」モードにおいてWiiU版ではカスタムが使用でき、ビームソードを持たせて使うと格段にプレイしやすくなる為、

・「トレーニング」の連続ヒット数が40回に達する

の条件もこなし、ついでに「ビームソード持ちのスピードバッジ」も入手しておくと良いでしょう。ルカリオでダメージを150%あたりまで増やし、相手を掴んでAボタンを連打するのが早いと思われます。

 f:id:ka_me:20150401214904j:plain

 

3)「クレイジーサイド」用、「フィギュアラッシュ」用のカスタムを各キャラクターで組み立て、WiiU版に送る

上の手順で入手した効果パーツを用いて、「ホームランバット持ち」「早振りバッター」「ファーストヒッター」で組んだカスタムと、「ビームソード持ち」を組み込んだカスタムを作成します。全キャラクターで用意しても良いですが、まずは一部の自分が扱いやすいキャラクターだけでも良いかと思います。

そうしてできた各カスタムを、3DS版とWiiU版の連動機能を介してWiiU版に送ります。

 

4)「クレイジーサイド」モードを息抜きを交えながらひたすらこなす

後は好きなキャラクターから順に「早振りバッター」で組み合わせたカスタムでひたすらクレイジーサイドに挑みましょう。戦法は至ってシンプルで、その試合中真っ先に攻撃を当て、10秒間の無敵の間に相手をホームランする、この繰り返しです。出が早い飛び道具や突進技を持っているキャラクターはそれを使って先手を取り、そうでない場合はとりあえず空中から特攻しましょう。

(※一度のプレイにつき5000G、もしくは入場チケットが必要なので、WiiU版のクリアゲッターをいくつか解放する目的で、各一人用モードで稼いでおくと良いでしょう。)

 

試合の状況として「バトルロイヤル」「チーム」「ジャイアント」「メタル」「軍団」の五種類が登場しますが、このカスタムなら「メタル」が最も楽で、次いで「ジャイアント」、「軍団」の順となります。「バトルロイヤル」と「チーム」はファーストヒッターの発動が阻害される事が多い為、避けた方が無難です。

・「ジャイアント」は相手が機敏に回避行動をするため、無敵状態になったら一旦近づいて、相手に弱攻撃を打たせてからバットを振るようにすると安定します。

(※ver1.06にてCPUの思考が変化し、無敵時には滅多に攻撃を振ってこなくなったようです。回避行動を冷静に見極めてバットを振れば大抵シールドを張るので、割れて気絶状態になった所を再度ホームランしましょう。)

・「軍団」はバットを持ったままダッシュ攻撃を行うのが威力が高いので、これを軸に立ち回りましょう。

 

f:id:ka_me:20150401224445j:plain

※チケットの左下のマークは、どのキャラクターに装備できるパーツが出やすいかを示したものです。コインが入手できる場合には箱でなくコイン、初期ならばCDも出現すると思いますが、特に気にしなくても構いません。「メタル」「ジャイアント」を中心にひたすら数をこなしていきましょう。また、チケット背景で対戦ステージを判別でき、右下のハンマーのマークの有無はアイテムが出現するかどうかを示します。

 

大体30ターン前後に到達できれば、最低でも平均して3~6個程度の必殺技パネルと、有効な効果のパーツも幾つか安定して手に入っているでしょう。最後はクレイジーハンドを倒して全取りできるのが理想ですが、途中で負けてしまっても大半は手に入れられるので問題ありません。やればやるほど装備や必殺技パネルは集まっていきます。

 

その他のモード

息抜きの手段として、上記で述べたように「フィギュアラッシュ」モードが一つとして挙げられます。こちらはカスタマイズパーツが手に入るパネルを取得した際に、(他のモードにも言える事ですが)使用キャラクターの必殺技が優先して出やすく、ビームソード持ちのカスタムなら適当に暴れまわりつつ比較的楽に集められます。

他には難易度を「難しい」にした「オールスター」を必殺技が集めたいキャラクターで挑み、試合の合間に休憩所で置かれるパーツ袋に賭けるという手段もあります。しかし、未取得の必殺技パネルが手に入る割合は、体感でこれら三種類の方法の中でほぼ変わりのないように感じられたので、後々カスタマイズを楽しむ事を考えたらやはり「クレイジーサイド」を最も長くプレイするのが良いでしょう。

 

カスタマイズを使った実況対戦動画

集めるまでが大変ですが、苦労して集めたパーツで工夫を施した様々なカスタムキャラクターで行う対戦は、何にも代えがたい充実感、オリジナリティがあります。

 

▼それを伝える為に、当ブログ筆者である「スマブラカスタム組 かめ」が用意したタイマン実況対戦動画がありますので、是非一例としてご覧ください。

▼本格カスタム対戦シリーズとして、youtubeにて公開しています。見応えと笑いは保証しますので、チャンネル登録応援をよろしくお願いします!

www.youtube.com

 

―ここで紹介した方法以外では、WiiU版なら「ワールドスマッシュ」、3DS版なら「シンプル」モードと「フィールドスマッシュ」で遊ぶのが、他に効率の良い集め方として挙げられるでしょう。

3DS版のみでどうにか集めたい場合は「シンプル」でレベル7.9に目的のキャラクターで何度も挑み、最終戦で右の道へ行きマスターコアとは戦わない、という方法が最もかかる時間が短く、大量にパーツを手に入れられる手段であるかと思います。作成した「早振りバッター」の組み合わせのカスタムはここで使用するのもOKです。