スマブラカスタム組 ブログ

スマブラforWiiU、3DSにおけるカスタマイズ機能の遊びを極める楽しさをお伝えしていく事を主な目的としたブログです。※YouTubeにて時々午後7時半より、実況対戦動画を配信中!

攻撃特化型カスタム スマッシュ攻撃の威力を高める

最初に紹介したいのは、やはり「大乱闘”スマッシュ”ブラザーズ」という名を冠したゲームシリーズだけあって、スマッシュ攻撃で相手をガンガン撃墜する事を目的としたカスタマイズの方法。

全キャラクターで一通り作ってみても良いが、やはり見た目的に映える重量級やスマッシュ攻撃の元々の威力、ふっ飛ばし力が高く、撃墜の要であり尚且つ比較的当てやすいキャラクター群が主役となる。

 

特に該当するキャラクター

 クッパ、リトルマック、リンク、ガノンドロフ、アイク、キャプテンファルコン、シュルク、ロックマン

その他重量級(特別スマッシュ攻撃が撃墜の要になるわけでは無い)

 ヨッシークッパJr、ワリオドンキーコング、サムス、デデデ、リザードン、ロボット

☆重量級ではないがスマッシュ攻撃が強力で主軸にできるキャラクター

 ロゼッタ&チコ、Mr.ゲーム&ウォッチトゥーンリンク、パルテナ、フォックス、ピクミンオリマードクターマリオ、ルキナ 等

 

f:id:ka_me:20150330223443j:plain

カスタマイズの方法

「ハイパースマッシュ」+「クリティカルヒット」+上昇数値が最大の攻撃装備

スマッシュ攻撃でひたすら相手を場外へふっ飛ばすという本コンセプトのカスタマイズを組む場合には、上記の組み合わせ一択である。他に候補となる特殊効果も存在しない。Cスティックをガチャガチャ倒すのでもなんでも良いからとにかくスマッシュを連発し、他の追随を許さないその圧倒的破壊力で暴れまわるのだ。

f:id:ka_me:20150330225315j:plain f:id:ka_me:20150330225354j:plain

※画像はそれぞれ「ハイパースマッシュ」を組み込まない場合(左)と組み込んでいる場合(右 上で取り上げた画像のカスタムだ)でガノンドロフの溜めなし横スマッシュを放った時のダメージ量。左は攻撃の数値を最大の200まで上げているが、「ハイパースマッシュ」付きで攻撃数値105の場合の方がダメージ量で上回る。一度に与える威力が高ければその分ふっ飛ばし力も大きくなるので、「ハイパースマッシュ」は一つ組み込んだ方が良いということになる。

更にクリティカルが出れば一発で160%ものダメージを叩き出し、どんな相手でも一撃で場外へ葬り去れるほどの必殺級の破壊力になる。

 

必殺ワザ

ほぼスマッシュ攻撃で立ち回るカスタマイズなので必殺技に拘る必要性は薄いが、どうせならより攻撃範囲や威力が高まっている性能のものばかりで固めると、パワー型カスタムっぽさが強くなるだろう。

突進技は遅い代わりにアーマー効果が付いているものや、復帰技には撃墜を狙える程威力が高まっているものもあるし、飛び道具なら攻撃判定が大きく巨大なものにしておけば見た目的にも派手だ。カウンター技は発生が遅い代わりに威力が高いという性質のものがあり、組み込んでおけば不意の反撃でも撃墜を狙える、更に恐ろしいキャラクターになる。

 

f:id:ka_me:20150329154857j:plain

特に捻りのない、組み合わせ的にも戦法としても一直線なカスタムではあるが、「時間内にとにかく相手を撃墜した者が勝つ」というルール上、これがとにかく強く、猛威を振るう。スマッシュ攻撃と共にクリティカル効果が発動すれば、どんなカスタムが相手でもほぼ一撃でKOし、防御薄であるパワー型カスタムが相手ならクリティカルが出ずとも普通のスマッシュ一発で場外へ追いやってしまう様は、まさに今作カスタムの華であるといえる。弱点として「ミス後無敵カット」の効果付きの装備で攻撃力を上げておいたカスタム同士で対戦すれば、復活して来てすぐに四人ともふっ飛ばされ、ステージ上に誰もいない、なんて事態もしばしば発生する。

しかし、やはり特筆すべきはその”他の追随を許さぬ圧倒的爽快感”だろう。大技連発で大味な展開の試合にはなるが、「相手を飛ばし合うゲームであるからには、本来こうあるべきではないだろうか」という気分を想い起こさせてくれる。

事実、筆者の環境では幸い今でも月に一回程度、身内で集まってプレイする機会があるが、その際友人達はこぞってこのスマッシュ特化型カスタムを使用する。しかも単純操作で強い為に、差別化を図ろうとしてただ防御や速度を上げただけのカスタムで挑んだのでは到底勝負にならなかった。そこでこのパワー重視のカスタムにも対抗し得る、様々なプレイスタイルのカスタムを組立てようと思った事が、このブログを開設するきっかけにもなったのだ。

 

―最初に紹介した具体的なカスタマイズの一例でありながら、無数にあるカスタマイズ方法の中で最も強く、面白い組み合わせであると言っても過言ではありません。

以降はこのカスタマイズとも互角に勝負できる事を基準とした上で、多種多様のカスタマイズの仕方を考えていきます。