スマブラカスタム組 ブログ

スマブラforWiiU、3DSにおけるカスタマイズ機能の遊びを極める楽しさをお伝えしていく事を主な目的としたブログです。※YouTubeにて時々午後7時半より、実況対戦動画を配信中!

【はじめに】スマブラfor カスタマイズ

初代大乱闘スマッシュブラザーズを体験したのは小学生当時、ダメージを増やして相手を場外へふっとばす斬新かつ爽快感溢れるゲーム性にのめりこむ。次回作の「DX」ではより対戦の面白さに磨きがかかり、発売からおよそ6年もの間友人達と飽きる事無く対戦した。そしてWii版「X」では新たに最後の切り札システムとWifi対戦が実装され、サービスが終了するまで全国の実力派プレイヤーと毎晩白熱した試合に没頭した(主にチーム乱闘において)。

それから更に時を経て2014年末に発売されたシリーズ最新作「for」では、対戦面における大きな目新しさはないものの前作を基準に細かな部分に改良を施され、全体的にキャラクター性能よりも使用者の腕前が反映されやすいゲームバランスに仕上げられている。又、インターネット対戦においては「ガチ部屋」なるアイテム無しの真剣勝負を好むプレイヤーの需要に応えたモードが追加された。

 

f:id:ka_me:20150329145721j:plain

しかし、2015年三月現在ではあまり注目されていないが、本作における本当の目玉であり、シリーズ通して最も遊び甲斐のある要素として、キャラクターの必殺技や性能を自由に組み立てられる「カスタマイズ機能」を用いた遊びを自分は強く推したい。

対戦ゲームという形式のシリーズである以上、テクニックを駆使して相手に勝つ事ばかりがプレイの目的になってしまいがちだが、本来は誰でも対等に遊べて、場合によっては初心者が熟練の実力者に勝つ事も有り得るパーティゲーム的側面の大きいゲーム性として打ち出されたシリーズのはずだ。アイテム要素が初代から存在した事と、ルールの設定もシリーズを追うごとに事細かに変えられるようになっている事がそれを物語っている。

更に言えば、スティックを倒す方向とわずか2種類の攻撃ボタンの組み合わせだけで十数種類の攻撃技を打ち分けられる直感的なわかりやすさと、地上空中共に自由度の高い操作性で自分の好きなキャラクターを思いのままに操れるという事自体も、このシリーズがヒットした根本的な理由であり、面白い部分であると思うのだ。

 

f:id:ka_me:20150329154955j:plain

カスタマイズ機能でキャラクターの各パラメータを上下させると、技の威力だけでなく移動速度やジャンプ力も変化し、少しの調整で微妙に変わる新鮮な操作感覚を味わえる。更には地上で移動した際に滑りやすくなったり、地上空中又は両方におけるジャンプ高度や横移動速度、落下速度を上下する特殊効果等も存在し、それらを利用する事で極端なプレイ感覚の変更も可能になる。

ただ単純にキャラクターを勝つための性能にグレードアップする効果やカスタマイズの方法も存在するが、基本的には何かのパラメータを上げれば何かが下がり、特殊効果も強力なものは極一部といった感じで、半分以上は特に有用ではないもの、即ちゲームを面白くする為だけのものという印象だ。

もちろん負けることが前提では楽しめるとは言い難いので、強いカスタムも用意しつつ、戦い方や戦略によっては十分勝ちを狙えるし動かすだけでも楽しい、といった多種多様なカスタマイズを試行錯誤し、実際に遊んでみる事を繰り返すという所に本機能、即ち今作の楽しみ方があると思う。身内やフレンド登録した者同士で対戦できる環境がある場合には当然の事として、一人で気分転換にカスタムしたキャラ同士でCOM戦を遊ぶのもなかなかに面白い。

 

f:id:ka_me:20150329165210j:plain

ゲームとしての面白さとはもともと用意されているもので標準通り遊ぶだけのものではなく、本来どのように遊ぶかはこちらの自由である上、シンプルさ故に各人が好きに創意工夫できる所にあるのではなかったかという事を思い出させてくれる、現在のゲーム事情においても非常に貴重な機会であると自分は思います。

このブログでは上記の通りスマブラforのカスタマイズ機能を使って楽しさを追求する事、掘り下げる事に重点を置いた記事を主に書いていきます。もし目にしてくださった方に何かプラスの方向で思う事があったならば幸いです。